養育費の将来分の差押さえも一度の手続きで大丈夫

養育費

 

養育費の不払い、未払いを続ける元夫に対して、公正証書などの書面があれば元妻は夫の給料や貯金などの財産を差押える強制執行をすることができます。

 

さらに、養育費を月極めで受け取ると約束していた場合には、元夫が払わなかった期日の養育費だけではなく、まだ期日を迎えていない将来の養育費についても一度の手続きで給料の差押さえをすることができます。
ただし、将来分の差押さえができるのは元夫(子どもの父親)が得ている給料などの継続的なものに限ります。

 

おさらいすると、養育費を払わなかったり、遅延を繰り返す元夫の給料を差押さえする場合、過去の未払い分の養育費だけではなく、今後、期日が来る養育費についても差押さえが可能です。

 

 

養育費の不払いや未払い、支払いの延滞を繰り返す元夫には、将来的に支払いの約束を守る信用はほとんどないと言えるでしょう。ましてや、元夫に交際している女性ができたり、再婚相手が現れた場合、養育費の支払いについての約束は反故にされがちです。

 

子どもの健全な成長を守り、母子家庭の家計を少しでも安定したものにするために、将来分の養育費の差押さえについても相談料無料・着手金0円!養育費の不払いに強い弁護士へ相談することをおすすめします。