養育費回収にかかる弁護士費用の相場

弁護士費用

 

養育費の回収や取立てのために弁護士さんへ相談・依頼し、養育費回収のための代理人となってさまざまな手続きをしてもらうと、一般的には弁護士費用が生じます。

 

弁護士費用の相場を調べてみたところ「着手金20万円程度、報酬金20万円程度+α」くらいが平均的な金額ということですが、この“+α”にはよくよく注意しなければなりません。
弁護士費用は、各法律事務所の方針や養育費を財産給付の実質的な経済的利益としてとらえるか否かによって大きく変わります。

 

養育費を財産給付の経済的利益と位置づける弁護士さんは、着手金と報酬金に加え、受け取ることのできる養育費の◎%を+αとして請求してきます。

 

 

これとは逆に、養育費を財産給付の実質的な経済的利益としてとらえない弁護士さんの場合には、着手金+報酬金のみの請求となるわけです。

 

また、養育費の回収や取立てをしてもらう度に弁護士費用が発生するケースがあれば、一度だけの弁護士費用のみで対応してくれる弁護士さんがあり、それぞれの法律事務所によって弁護士費用が大きく異なっているのが現状です。

 

 

経済的に恵まれていない母子家庭では、養育費をもらいたいからと言って、弁護士費用を右から左へ用意できるものではありません。
そこでシングルマザーにおすすめしているのが、養育費にかかわる相談料は無料。さらに、実質0円で養育費の回収や取立てを代理人となって実行してくれるイストワール法律事務所です。

 

 

イストワール法律事務所へ養育費の回収や取立てを委任すれば、元夫に連絡をする必要がなく、月々の養育費を受け取ることができると評判になっています。

 

 

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション