養育費の未払いに強い弁護士は少ないのが現実

養育費未払い

 

養育費の未払いや不払いで経済的に困窮する母子家庭が少なくありません。

 

元夫に養育費を払う意思はあっても、失業したり、リストラで給与が減額され、払いたくても払えなくなった背景があれば、一方で、養育費の支払が惜しくなったとか、新しいパートナーと再婚するので養育費は払えなくなったという身勝手な理由があります。

 

理由はどうあれ、養育費は子どもを育てるための貴重な原資となるお金ですから、不払いや未払いが続くと母子家庭の家計にも悪影響を及ぼしてしまいます。
こうした養育費未払いのケースでは、弁護士さんへ相談して養育費の回収や取り立てをして解決を図るのが常道ですが、残念ながら養育費の未払い、不払い問題に積極的に取り組んでくれる弁護士さんは非常に少ないのが現実です。

 

 

その理由のひとつが、弁護士さんが受け取る報酬金額にあります。
債務整理や過払い請求、交通事故被害の損害賠償、不倫・浮気の慰謝料などは、それ相当の弁護士報酬額が見込めることから積極的に対応してくれるのですが、養育費の不払いや未払い、取立てや回収などの問題では、依頼人がシングルマザーであることが多く、経済的に貧しいことから相談料や着手金の払いすら難しいことがあったり、養育費の未払いを解決できたとしても、労力の割には報酬額が低いことから養育費の案件を敬遠する弁護士さんは限られています。
また、元夫婦のこじれた感情や人間関係の間に挟まれ、心労が高じて解決するまでに弁護士さんの心が疲弊してしまうことも養育費問題に対応できる弁護士さんが少ない一因になっています。

 

 

そんな中で、養育費の未払い・不払いに苦しむシングルマザーをサポートするために、画期的な養育費回収システムの提供を始めた弁護士さんがいます。

 

公正証書をはじめ、覚書や念書、誓約書、協議書、メモ書きなど養育費の支払に関する何らかの証拠書面があれば、弁護士が依頼人に代わって元夫との交渉に臨み、給料の差押えなどさまざまな法的手段を駆使して着実に養育費の取立てや回収を代行してくれます。

 

相談料はもちろん無料!しかも、弁護士報酬も回収できた養育費の一部から払うだけで済むので、母子家庭でも無理なく依頼できる内容になっています。

 

これまで、何人ものシングルマザーから養育費の不払いや未払いに関して切実な相談を受けてきましたが、迷うことなく養育費の未払いを実質無料で解決できるイストワール法律事務所を紹介しています。